エイプリルフールの語源はなんとフランス!?

Pocket

みなさん
Good evening! Bonsoir!
おはようございます!

多言語幼児教育の
久留さと子です。

次男の卒園、入学準備
長男の野球部卒団などで
毎日バタバタです!

そんな今日は、
恐れていた4月。。

もう保育園には行けません!
(涙)

エイプリルフールの今日
ウソ、つきましたか?

私はつかれました(笑)

エイプリルフール.jpg

エイプリルフールって、
英語とフランス語でなんて言う?

英語で、
April fool(エイプリルフール)
April=4月
Fool=バカ(さ)、愚かさ


フランス語では、
poisson d’avril(ポワッソン ダブリル)
poisson=4月
d’=~の
avril=魚

 

ところで、
エイプリルフールは
「フランスが発祥の地」
だって、ご存知でしたか?

エイプリルフールの起源は
実に、いろいろな説がありますが

フランスで伝えられている有力な
起源説をお話しますね^^

まずはなぜ「4月1日」なのかと言うと、
1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を
新年とする暦を採用するまでは、3月25日を元日とし、
4月1日には新年をお祝いするために、人々が
プレゼントを交換しあうという慣わしがありました。

フランス人は新暦改正後も
この慣習を続けるために、旧正月の4月1日に
ユニークなプレゼントや偽のプレゼント交換を
したことが由来するのではないかとされてます。

そして、なぜ「4月の魚 (Poisson d’avril)」
と呼ばれているかと言うと、その昔、4月から魚が
産卵期に入るため、4月初旬から漁獲が禁止されてました。

そこで、人々は漁獲期最終日である4月1日に、
”ぼうず”で戻ってきた漁師をからかい、ニシンを
川に投げ込み釣らせてあげたのがジョークの
始まりだと伝えられてます。

そんな言い伝えから、フランスでは
エイプリルフールの4月1日に、同僚や友達同士で
嘘をつきあったり、いたずらをしあったりして、

「Poisson d’avril」と叫びます!

子供たちは魚の絵を描き、それを切り取って
仲間の背中にこっそり貼って、その人が魚の絵に
気づくとからかいます。

今年のエイプリルフールに
皆さんは何か企んでましたか?

どんな可愛いウソ、いたずらが
あったか教えてくださいね♪

私は、次男のこんな一言に
笑っちゃいました。
(嘘は関係ないですが)

実家の桜を見に行ったときのこと。
坂をくだっていたら・・・

「ぼく、坂をくだりたくない」

「いいじゃない、ラクチン~」

「帰りは上り坂になっちゃうもん」

「う・・・」

それを知っていることを
微笑ましくも

意外なところで、智恵が働く。
そこに参ってしまってしまい

「下まで行ったら
ソフトクリーム食べよっか」

と、とっさにウソを。

ほらね、通訳はうそつき・・・

3つのうそ.jpg

【体験会&相談会】
4月4日(水)10時~
4月8日(日)10時~
4月8日(日)13時~
4月8日(日)15時~

4月から新しいクラスが
いよいよ開校です!!
ドキドキです^^

フランスでも、新年だったという今日。
新しい1年を迎えるつもりで、
2018年、語学で飛躍しましょう!

それではまた!
See you! A bientôt!

 

そしてそして♡
Facebookやってます!
良かったらお友達になってくださいね^^
その際、一言メッセージをいただけると安心して
繋がれるので、よろしくお願いいたします^^
https://www.facebook.com/satoko.hisadome

satokoprofile2.jpg