久留さと子 プロフィール

Pocket

日本の外国語教育にイノベーションを
My Languageイノベーション主宰、
語学教育イノベーター 久留さと子です。

神奈川県横浜市出身。
ガボン、カメルーンにて幼少期を過ごす

 

学習院大学文学部フランス文学科卒業後、
ロータリー国際親善奨学金プログラムにて
フランス大学・ フランス語教授法大学院過程修了

 

ルノーアジア太平洋地域統括本部に勤務の後、
フリーランスとして独立起業。
講師、通訳、翻訳として活動
(フィガロ、France2、ArteTVなどのメディアや中小企業様と)

 

ビジネス経験、国際教養が評価され大学にて
「グローバル人財」についての講義を担当。
(名古屋外国語大学、創価大学、青山学院大学、東洋大学)

 

単なる教科書的な語学力では太刀打ちできない
グローバル コミュニケーションに必要な英語+
アルファーの言語(仏語)と 心を同時に教育する
メソッドを開発、普及しています。

 

外国語教育&ビジネス&国際教育の道
21年のプロとして、現在は日本の子どもの為の
外国語教育を根底から変えていく
外国語教育コンサルタントとして
Languageイノベーションを主催しています。

【ごあいさつ】
はじめまして、久留さと子です。

My Languageイノベーションをスタートする前の私は
外国語スキルを活かして、どんなことができるのかに
ひたすら挑戦する2児の母でした。

大手自動車メーカーのRENAULTで勤務の後
通訳、翻訳、講師として活動して来ました。

スタジオジブリの宮崎駿監督やフランス大使館
QVC生放送番組の同時通訳をはじめ、

フィガロ、フランス2、ArteTVなど海外のメディアに
日本を紹介するプログラムを企画提案し、フィクサーの
仕事をすることは、エキサイティングです。

海外の中小企業が日本でビジネスを始める際の
翻訳、マーケティング、セールスを一手に引き受けるのも
やりがいがありました。

このような経験をもとに、大学で
グローバル人財育成の講義を
させていただくようになり、自分がどのようにして
語学を手に入れたのかを改めて振り返り、

単に話せるだけの文学部卒の就職には
不利だとバカにされた私がグローバルビジネスを
支えることができるようになったのかを振り返り、

どのような学びと実践をプラスすると
グローバルな人財として世界で自由に
自分の望む分野で能力を発揮することが
できるのかを取りまとめました。

2020年に大きく、国の教育方針が
変わろうとしている今、正しくない情報に
振り回されている同世代の親御さんを見て
私に何か出来るコトがないだろうか?

日本人は外国語が苦手だ。臆病だ。
会話になると黙ってしまう。
・・・
そんな外国語アレルギーを取り除き
コミュニケーションのツールとして
楽しく、しっかりと学ぶことができたら!
これが、私がお子さん向けの
外国語教育のイノベーションを起こそうと
決意した理由です。

【どうやったら外国語をモノにできるの?】

 

退職金をはたいて妊娠中に雑誌で見かけた
100万の教材を買って使いこなせず
成果をあげられずに悔やむお母さん。

なんとなく、続けていたら安心だからと
楽しく遊ぶだけのスクールに早くから
親子で通うお母さん。

お母さんに勧められて幼稚園、小学校の9年間
大手の英会話スクールに通ったのに話せない
歌えない、英文法もわからない。
グレかけていた中学1年生。

新生児の時から多言語で話しかけを行い
英語ペラペラになったかと親御さんは
自慢に思っていたのに、高校生になって、
失語症になってしまったお子さん。
インターナショナルスクールに通って
日本人未満、ガイジン未満。
どちらのカルチャーも中途半端。

日本語力も、きちっとしていないので
日本の会社では働けない。
一流の社会に溶け込めないお子さん。

英語が苦手でフランス語を勉強して
のらりくらりと働いていたら、新しい上司が
アメリカ人で英語を急遽やらなければならなくなり
慌てふためく外資系勤務のOLさん。

実に様々なお子さんを指導してきました。
親御さんの苦手意識が強すぎると
お金をかけてなんとかしたい想いに
傾きすぎます。

親御さんがペラペラだと、我が子にも
そうなって欲しい、話せる自由を与えたいと
これまた、迷走します。

極端に走るのをやめない限り
現状は変わりません。

外国語を学ぶことは、
最終ゴールではありません。
外国語を学ぶ過程で、新しい考え方を

取り入れたり、日本人であることの誇りを
身にまとったり・・・

脳に刺激をたっぷりと与え続けることで
よりクリアになりたい未来を描くことが
出来る人間に育てることができるんです。

外国語学習を通して、見える世界を拡げ
本当に自分の心が喜ぶ人生に出会う
ことをゴールと設定することから
はじめませんか?

【どうしたら一生ものの語学力を手に入れられますか?】

1つめは、

一生だらだらと学ぶと思わず
3カ月で、自己紹介、家族紹介を
出来るようにする。などと、目標を定め
達成感を積み重ねることです。

 

2つめは、
完璧を求めないこと。
日本語を40年近く話していても
まだまだミスを犯しています。
美しい日本語でなくても、「通じる」から
気にしていないだけです。

失敗も間違いも当たり前だ。
通じなかったら違う言い方に置き換える
そのマインドを手に入れることが大事です。

 

3つめは、

親子のコミュニケーションのツールとすること。
言葉は、生ものです。
磨けばどんどん光りますし
ほっとけば、鈍ります。
でも、一度しっかり本気で正しく学べば
自転車に久しぶりに乗っても、
しばらくしたら乗りこなせるように
言葉も使いこなせるようになります。

 

【My Languageイノベーションの由来とは?】

~革命を起こしましょう!と、師の長瀬さんから
ご提案いただいたことへの共感、感動秘話~

グローバル化が進む現代の日本。
情報過多の時代に翻弄されるばかりで、
没個性化教育から脱することがなかなかできずにいる。
これでは子どもたちが自由に創造性を発揮できる

環境が与えられない。
先導者がいても露出しておらず、なかなか浸透しない。
現代の日本で、まず変わらなくてはならないのは、幼児教育。

子どもの誇りを育てること(心の教育)× 英語力
×コミュニケーション力
 を磨くこと

で、ダイバーシティ時代に
グローバルで活躍できる人を育てるメソッドを創り広める。

ダイバーシティ時代にグローバルで活躍できる
誇りある日本の子どもが増えて行って欲しい。
日本の幼児教育にムーブメントを!
幼児の教育で築ける、深める、本当の日本人のチカラ。
『日本の幼児教育が変われば、日本が変わる!』

これが私の願いです。